SP Systemを使ってO脚とX脚を改善!狙うポイント3つと効果を解説

今回は「O脚」「X脚」に対して、SP Systemを使った改善事例をご紹介します。

狙うポイントは3つ!です。

  1. 太股の内側
  2. 下腿の内側
  3. 足底の内側
この記事のポイント

大事なポイントは1つ目の太股の内側を活性して、をさらに活性するために2つ目と3つ目を使うこと!

どのようにアプローチするのか?効果はどうなのか?を解説していきますよ。

どうも!第二の脳を超活性させるSP System開発者の土信田です。

今回もSP Systemを使って改善された症例のご報告をしたいと思います。

O脚、X脚を治すには?SP Systemを使った改善報告を紹介

C:\Users\y_gem\Dropbox\作業フォルダ\18_男を上げる土信田塾のブログ\108_【SPSystem】5分でO脚X脚を改善‼️3ステップを大公開します

O脚、X脚の改善方法についてお話します。

症例報告いただいた女性のセラピストの先生からですが、その先生は

SP Systemを使ってO脚の改善は上手くいきました。O脚は改善したけれども、X脚はどうなの?

という疑問を持たれいて、X脚の方にSP Systemを使ったところ「たった5分でX脚の改善が見られた」とご報告いただきました。

実際にSP Systemを使う前後で改善した画像を頂いていますが、使って良いか分からなかったので今回はお見せできません。。。

ただ、画像を見ると完全に脚がXになっているものが、下腿がくっついているような素晴らしい結果でした。

O脚、X脚を3つのポイントからアプローチ!SP Systemの効果を解説

O脚、X脚を3つのポイントからアプローチ!SP Systemの効果を解説

今回のアプローチはSP Systemの7つのすべてを使って改善しましたが、改善するにあたり3つのポイントがあります。

3つのポイントを使うことで「O脚」「X脚」に効果があり、「X脚」の方の方が改善率は高くなるのでは?と効果がありました。

  • 1つ目は太股の内側をアプローチすること
  • 2つ目は下腿(かたい)の内側をアプローチすること
  • 3つ目が足底(そくてい)の内側をアプローチすること

全て脚の内側のラインを調整することになります。

太股の内側をアプローチって?

太股の内側をアプローチって?

太股の内側をアプローチする場所は、半腱半膜(はんけんはんまく)で、ここもSP Systemに入ってる1つになります。

このアプローチが第2の脳の太陽神経叢(たいようしんけいそう)のアプローチになります。

実はこのアプローチだけでも、改善の余地はあります。ですが、酷い「O脚」「X脚」になると、もう少し踏み込んで行かないといけないということですね。

下腿の内側をアプローチって?

下腿の内側をアプローチって?

酷い「O脚」「X脚」には、下腿の内側のアプローチで場所的には脛骨(けいこつ)の内側のラインですね。

ヒラメ筋や後脛骨筋(こうけいこつきん)にアプローチすることによって、下腿の調整にもなりますが1つ目の半腱半膜の活性に効果があります。
そのため2つ目の下腿の内側のアプローチも使って頂きたいです。

足底の内側をアプローチって?

足底の内側をアプローチって?

足底の内側をアプローチすることで、内果(ないか)の下や母子の中足骨(ちゅうそくこつ)、足の親指を調整して頂きます。

この調整により下腿が活性され、一番大切な大腿の部分の半腱半膜の部分が活性。これが「O脚」「X脚」の改善に効果的です!

O脚X脚の改善まとめ

O脚X脚の改善まとめ

「O脚」「X脚」って足の問題ですよね。

SP Systemは足からアプローチして第2の脳と言われている太陽神経叢へのアプローチになっています。

これは私が親しくさせて頂いている葉山ドクターの見解でも、下腿から太陽神経叢に対して活性できるのが特徴的な部分です。

実はSP Systemの7つのアプローチをするために、さらに活性できるポイントはいくつかあります。
その箇所を活性させることで、さらに7つの部分が活性され第2の脳が超活性されることになります。

今回は「O脚」「X脚」の改善事例をご報告させて頂きました。
次回も動画でお会いしましょう!さよなら!

動画時間:5分25秒

関連記事