太陽神経叢の超活性!SP Systemの対応可能な症状と3つの肝を徹底紹介

SP Systemが業界初のギネス記録を超えました!
これだけの反響のあるSP Systemの凄さをご紹介しますね。

SP Systemを使うことで、太陽神経叢(たいよう しんけいそう)から全身の問題を解決します。

この記事のポイント

太陽神経叢の効果は3つ

  • 自律神経の塊
  • 内臓のコントロールセンター
  • 第3のチャクラ

を解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
動画ではさらに詳しく解説していますので、そちらもご覧くださいね。

SP Systemを開発した土信田です。

初回での業界ギネスの記録を超えました!

77-01_初回での業界ギネスの記録を超えました!

なんと!初回での業界ギネスの記録を超えました!
今回2秒に1本売れているという、最速のスピードで初日にSP SystemのDVDが売れたということで大変喜ばしく思います。

なぜSP Systemがこれだけ反響がでているのか?というのは

私が凄い×3先生ってわけではなくて「SP System」自体が凄いんだよ

って話をしています。

SP Systemの凄さって「太陽神経叢」ですね。ここが全身の問題を解決する1つの部分になります。

太陽神経叢って?

77-02_太陽神経叢って?

太陽神経叢を説明しますと

  • 自律神経の塊
  • 内臓のコントロールセンター
  • 第3のチャクラ

以上の3つを兼ね備えたものが、太陽神経叢になります。

自律神経の塊って?自律神経のコントロール

77-03_自律神経の塊って?自律神経のコントロール

自律神経の塊は

  • 交感神経
  • 副交感神経

の部分で、自律神経をコントロールして生活しています。

現代人は交感神経が優位で、夜眠れなかったり、身体が回復しなかったり問題はあります。
本来は自律神経の切り替えスイッチが上手くできる訳ですが、それが上手く行かなくなっているのは自律神経の問題!

太陽神経叢をアプローチすると?副交感神経が優位になる

77-04_太陽神経叢をアプローチすると副交感神経が優位になる

今回SP Systemを使うことで太陽神経叢の話をしていますが、エビデンスも取れています。
太陽神経叢をアプローチすることで、非常に副交感神経が優位になることが分かりました。

副交感神経が優位になると

  • 眠れないものが寝れるようになる
  • 身体が回復する

エナジードリンク飲むよりSP Systemの方が良いよ!とエビデンス取りに行ったときに、先生がおっしゃってました。

内臓のコントロールセンターって?

77-05_内臓のコントロールセンターって?

太陽神経叢が内臓を統括してコントロールしていることを考えると、

  • 内臓の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • お腹の調子が良くない
  • 便秘

とか内臓の問題は「内臓体制反射」といって、内臓の問題が身体に悪影響を及ぼします。

内臓の問題もSP Systemを使うことで解決ができることが素晴らしいですね。

第3のチャクラって?活力を改善

77-06_第3のチャクラって?活力を改善

第3のチャクラは活力ですね。

  • やる気が出ない
  • 一歩踏み出せない
  • 行動が起こせない
  • マイナス思考でポジティブになれない

とか、現代人は多いんですが、この部分も太陽神経叢に含まれています。

アプローチすることで、考え方が前向きになったり、食事が上手く摂れるようになるのが太陽神経叢に関係してきます。

SP Systemの効果3つのまとめ

77-07_SP Systemの効果3つのまとめ

SP Systemが凄いんだよ!ってことをお話させていただきました。
今後も動画を通じて、SP Systemの素晴らしさを伝えていきたいと思います。

太陽神経叢の

  • 自律神経の塊
  • 内臓のコントロールセンター
  • 第3のチャクラ

は、ぜひ覚えておいてくださいね。

次回も動画を楽しみにして下さい!

動画時間:4分17秒

関連記事