【肩関節周囲炎】肩の動きと関与する筋肉を覚えろ!

この記事のポイント

肩関節周囲炎にならないための、肩関節の動きと関係する筋肉をご紹介しますね。
これを知るだけで、臨床で強くなり結果の出せるセラピストになれますよ。

肩関節を痛める人は、肩関節の動きと関与している筋肉を覚えれば絶対に役に立ちます。

詳しくは動画で紹介していますので、ご覧くださいね。

【肩関節周囲炎】肩の動きと関与する筋肉を覚えろ!

肩関節の動きは

この動きを理解した上で、

次に肩関節に関与する筋肉は

ちなみに筋膜グリップテクニック

ライン別で筋肉を種別すると

【サイド】三角筋前部中部、広背筋、大円筋、小円筋、棘下筋、烏口腕筋

【ラセン】三角筋後部、大胸筋、棘上筋、小胸筋、肩甲下筋

筋膜グリップテクニックを習得し、

ラインを意識した上で肩関節の動きを理解すると

より臨床で強くなり結果の出せるセラピストになれます。

更に肩関節には補強として

靭帯などて肩関節は強固に守られています。

肩関節は自由度が高い分、消耗も激しい。

だから肩関節を痛める人が圧倒的に多いと

考えられます。

肩関節に強くなりたければ最低限でも肩関節の動きと

関与している筋肉を覚えましょう。

そして、筋膜グリップを極めるならば

ライン上の筋肉を覚えてアプローチする事!

もっと詳しい内容知りたい方は、

下記の動画をご覧下さい!

動画時間:6分35秒

関連記事