SP Systemで脊柱管狭窄症を改善!たった7つの黄金比にアプローチ

[st-midasibox title=”この記事のポイント” fontawesome=”fa-heart” bordercolor=”#ce0022″ color=”#ffffff” bgcolor=”#f7edef” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

セミナー受講者の方が、SP Systemを使ったお話をします。

その方はSP Systemの7つのアプローチで、お母さまの脊柱管狭窄症を改善させてしまいました。

治療家の先生はもちろん、一般の方でも結果が出せるのが特徴です。

キーワードとなるポイントは

  • 太陽神経叢
  • 黄金比

 

脊柱管狭窄症で困っている方が周りにいれば、SP Systemを試してみてください!

[/st-midasibox]

SP System開発者の土信田です。

セミナー受講者がSP Systemを使った改善例を紹介

83-01_セミナー受講者の改善例を紹介

今回はSP Systemを使ってこんなになりましたよ!実際に使った方の改善例をご紹介します。

脊柱管狭窄症を改善!SP Systemの7つからアプローチ

83-02_SP Systemの7つを使って脊柱管狭窄症を改善

土信田が主催しているセミナー受講者の方が、

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#42A5F5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -9px”]受講者[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-user” iconcolor=”#42A5F5″ bgcolor=”#E3F2FD” color=”#000000″ iconsize=”200″]

私の母親の脊柱管狭窄症が良くなった!
SP Systemの7つを使うことで改善しました!

[/st-cmemo]

とアプローチをやった結果の声を頂きました。

この方も、色々とテクニックや技術はたくさん学ばれている方です。

ですが!SP Systemの7つのアプローチでお母さまの脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)を治したということです。

治した本人もお母さまも大変喜ばれたと思いますね。

治療家が使っても有効なの?再現性の高いSP System

83-03_SP Systemは治療家の先生が使っても結果があります

SP Systemを使われた先生はもちろん治療家ですが、今まで様々の手技をやられたと思います。

そんな治療家の先生でもDVDを見ることで変化、結果がありました。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 一般の方でもDVDを見ただけで結果が出た。
  • 無料動画を見ただけで結果が出た。

[/st-mybox]

という再現性が高いものがSP Systemになります。

太陽神経叢にコンタクトするには?黄金比にアプローチするだけ

83-04_太陽神経叢にコンタクトするために黄金比にアプローチするだけで良い

毎回言いますけど

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”80″ fontweight=”” bgcolor=”#ef5350″ color=”#fff” margin=”0 0 0 -6px”]ココに注意[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”200″]

太陽神経叢(たいようしんけいそう)にコンタクトするため、黄金比の7つにアプローチだけで良い。

[/st-cmemo]

ここのみのアプローチで改善する、しかも短時間です。

長くアプローチすることによって改善はあると思うんですが、

手術に例えると

[st-mybox title=”どちらの手術が良いのか?” fontawesome=”fa-question-circle” color=”#03A9F4″ bordercolor=”#B3E5FC” bgcolor=”#E1F5FE” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 短時間で手術が成功するもの
  • 長い時間手術をして良くなるもの

[/st-mybox]

がある場合、皆さん早く良くなりたい想いが強いですから、短い時間での解決することで

[st-minihukidashi fontawesome=”fa-circle-o” fontsize=”90″ fontweight=”bold” bgcolor=”#3F51B5″ color=”#fff” margin=”0 0 0 0″]SP Systemを使うと[/st-minihukidashi]

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#E8EAF6″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  • 患者さんも喜ぶ
  • 施術者の負担も減る

[/st-mybox]

このようなアプローチ法がSP Systemにはあると思います。

SP Systemを使った脊柱管狭窄症のまとめ

83-05_脊柱管狭窄症で悩まれている方にSP Systemを使ってください

脊柱管狭窄症で悩まれている方に対して、今までアプローチしたけど改善が上手く行っていない!

という方は、特にSP Systemを使ってみて下さい。

DVDを購入された方や無料動画を試した方で、まだ脊柱管狭窄症にアプローチしていないのであれば、直ぐにでもSP Systemを試してアプローチして頂きたいと思います。

今回は脊柱管狭窄症の方の改善が見られたということで、私が主催しているセミナーの受講生のお話を聞けたのでご報告させて頂きました。

では、次回もSP Systemの魅力をお伝えしていきたいと思いますね。

楽しみにしておいてください!

[st-minihukidashi fontawesome=” faa-vertical animated fa-angle-double-down” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#7CB342″ color=”#fff” margin=”0 0 5px 0″]動画時間:3分26秒[/st-minihukidashi]

関連記事