土信田です。

患者満足度がすべてです。

「治ってなくても満足してたらいいんですか?」

以下を見ていただければと思います。

「満足する」という状態を
考えてほしいのですが

・症状について理解できている
・なぜ痛いのか理解できている
・来院することに意味があるのを理解している
・いつまでに治ると把握できている
・通うことで元気になっている
・不安を感じていない

という状態にあると考えます。

ですので、
治ってなくても満足しているというのは
それは治っていく過程の話なので
すばらしい事と言えます。

ここ何回かに分けて
動画のプレゼントを行っていますが

「刺激になります!」
「さっそく使ってみたら効果出ました!」
「筋膜リリースより更に再現性がありますね!」

と嬉しい声をいただきました。

嬉しい声の中にも
「腰痛や肩以外の動画もありますか?」
というメッセージも頂きました。

確かに臨床をしていると
いろんな症状を持ってもられる方がいます。

そういった方の症状も
治していけるような治療動画も
今後はみなさんに提供しているつもりでいます。

あなたにとってメリットのある
メールマガジンとは何か?
と考えたときに

私が提供すべきだと思ったのは

・治療動画
・検査マニュアル
・難治症状の治療動画
・患者さんの満足度向上の仕方
・症状の説明の仕方

でした。

こういった内容をセットで
発信をされている先生はまだいないので
特別な特別動画講義としていきたいと思っています。

「治療」が良くても
説明の仕方が良くないと
患者さんは続けて来院されませんし

「治療」が良くても
検査が良くないと
話になりません。

「治療」が良くても
患者対応が悪ければ
患者さんはすぐに来なくなります。

治療院ビジネスとは
続けて来てもらって
「完治」して初めて感謝されるので

治療、検査、説明力、患者対応、
すべてが出来て初めて、
多くの患者さんが来院される
治療院になることができます。

そしてこのすべてが出来るようになると
患者さんとの主導権をこちら側が持てるようになります。

主導権とは、

「次の来院は◯◯さんは水曜日に来られてください」

「はい、わかりました!」

または、

「最初は連続して治療すれば良くなるのも早いので、月、水、金と来られてください。」

「スケジュール、押さえました!」

と、
こちらが提案してくれたとおりに
来院してくれる状態のことです。

先生に対して身を委ねている状態なので
指導通りに来られます。

こうやって言葉にすれば簡単に見えますが
これも先ほどの項目をすべて完了したら、の話。

これからの治療院ビジネスは
患者満足度の高い治療院だけが残り
患者さんが集中します。

これは確実だと考えます。

有料会員さま向けの動画を一部公開

第五ステップもプレゼント動画があります。

【肩痛編】アウトサイド障害(腕橈骨筋 三角筋前部線維 三角筋中部線維)に対する筋膜グリップ

第六ステップも患者満足度について具体的な方法をお伝えします。

また、感想や要望などドシドシ送ってくださいね!

投稿日:

Copyright© 土信田っTUBE , 2019 All Rights Reserved.